木陰で本を読みながら

主婦的生活の切れ端を集めた雑記帳です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「停電の夜に」 J・ラヒリ

数年前に本屋さんで偶然見つけた本です。

なぜこの本を手に取ったのかわからないけど、この作家に出会ったのは素晴らしい収穫でした。




停電の夜に (新潮文庫)停電の夜に (新潮文庫)
(2003/02)
ジュンパ ラヒリ

商品詳細を見る




著者のジュンパ・ラヒリはインド系でニューヨーク在住の女性作家です。

この処女短編集はピュリッツアー賞を受賞しています。

短編集の邦題にもなっている「停電の夜に」は最初の物語です。
アメリカのとある町の電気工事で毎晩数時間の停電になります。
若いインド系の夫婦である二人は、停電の夜を過ごすために、今まで秘密にしていたことを打ち明けあうことにします。
一夜に一つずつです。
最初はぎこちなく思い出をなぞるように。
それが二人の距離を縮めるようでいて、思いがけない結末へと向かっていきます。

人間の心の底に流れる感情を丹念に掬っていて、大切に読みたくなる物語です。
インド系アメリカ人が持つアメリカ社会と故郷への感情は、きっと異国に暮らす日本人も同様にもつ感情ではないかな。
マイノリティとしての生活、社会とのかかわり方、同じ故郷を持つものとのコミュニティ。
全てが大変興味深く、日本に暮らす私には知りえない世界が現実性をもって迫ってきます。

それで続けて何冊か読みました。
どれもおすすめです。



その名にちなんで (新潮文庫)その名にちなんで (新潮文庫)
(2007/10/30)
ジュンパ ラヒリ

商品詳細を見る






見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)
(2008/08)
ジュンパ ラヒリ

商品詳細を見る




関連記事

Comment

 

はじめまして!
coco21です。
いつもいらしていただきありがとうございます。

ジュンパラヒリ・・・初めて聞きました。
早速図書館に検索をしてみますね。

本選びはついついひとりよがりになり、偏るのですよ。
情報をいただけるのはとってもうれしいです。

いろいろ教えてくださいね。
楽しみが増え喜んでいますよ。

よろしくお願いします。
  • posted by coco21 
  • URL 
  • 2014.10/24 08:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

coco21さんへ 

coco21さん、初めまして。
コメントありがとうございます。
いつも拝見していました。

私も美術展と読書が好きです。
最近は更新が少ないのですが、また読んだ本をアップしますね。
読んで面白いと思った本だけ記事にしているはずです。
最新刊とか話題の本は少なくて、ただ自分が読みたいと思った本だけなのですが。

ジュンパ・ラヒリ、面白いですよ。
丁寧な描写が心地よくて、読み飛ばすことができない本です。

これからもよろしくお願いします。

  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2014.10/24 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ジュンパ ラヒリ・・・はじめて目にするお名前です
でもあまおうさんの語り方でとても読みたい気持ちになります
お休みが多くなったので、連休の前日に書店に寄ってみるのですが
裏表紙の説明書きを読んでいると虚しい気分にさせられるものが多くて
お薦めはないかなぁ・・・と思っていたところです
次回 お休みが続いたとき、ぜひ読んでみます♪
  • posted by mihama小石 
  • URL 
  • 2014.10/28 19:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

mihama小石さんへ 

私も本屋さんで目にするまで知らない作家でした。
偶然とはいえ、とてもいい本を見つけて嬉しいです。

随分昔の本なのでもう読んだことあるかもしれませんが、「深夜特急」1~6(沢木耕太郎)を読み終わりました。
こちらも面白い本です。
26歳だった沢木さんは会社を辞め、インドのデリーから路線バスに乗ってロンドンへ行くという計画を立てて、まず香港へ渡ります。そこから始まる冒険旅行です。
もっと早く読むべきでした。(若いころに読んでいたら旅に出ていたかも)
読み終えてから沢木さんの本を続けて読んでます。
お暇があれば是非どうぞ♪
  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2014.10/29 21:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちは。 

あまおうさんの書評に惹かれて、「停電の夜に」を購入し読み始めました。ありがとうございます。

あまおうさんは、本屋さんでも働く事が出来ますね~
きっと購買意欲を掻き立てる素敵なPOPを付けてくれそうです。
  • posted by odamipu 
  • URL 
  • 2014.11/02 14:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

odamipuさんへ 

odamipuさん、こんにちは!
読んでくださって嬉しいです。

odamipuさんも本がお好きなのですね。
私も本は好きです。
でも流行とは全く関係のない選び方をするので、本屋さんでは必要とされない人材かもです~(^^ゞ

  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2014.11/02 21:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あまおう

Author:あまおう
本を読んだり、料理をしたり、テレビを見たり・・・同じようでもどこか違う毎日を一緒に楽しく過ごしましょう!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新記事

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。