木陰で本を読みながら

主婦的生活の切れ端を集めた雑記帳です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ちる・・・

それは日曜日の夕方のことでした。
用事で都心へ出かけた私は、帰宅するためにとある駅のホームに並んでいました。

心地よい暖かさの一日。
いくつもの電車が乗り入れるこの駅は夕方になっても人が多く、ホームに話し声と靴の音が絶えることがありません。

新しい靴を履いたので足が痛くなるかと心配だったけど、柔らかい皮のせいか、まったく疲れ知らず。
その日はベージュで長めのパンツをはいていたけれど、この靴はパンツの裾を引きずって汚すことがない適度な高さのヒールで助かりました。


ずいぶん疲れていたのかしらね~。
注意力も散漫になる夕暮れ時でした。

電車が来てドアが開いたので、私は人の後ろに並んだまま、吸い込まれるように左足を踏み出して乗りこみました。

そして、次の右足…!

その右足が電車の入り口の縁を踏んで つるっ!と滑ったのです。

靴の底がつるつるだったわけではないのに、見事に右足を踏み外してしまいました。



わっ…




一瞬にしてバランスを崩した私の右足は、電車とホームの間にすぽっと深くはまってしまいました。
…足、脚、あしと呼ばれる部分は全て。
上半身と左足は車内に残していたけと起き上がることができなかったから…きっと腰は半分落ちていたのだろうな。

小さな子が深いプールから上がる時に片足をかけてヨイショと体を持ち上げるような体勢です。
でも今の私は自分の体重を引き上げるほどの腕力もない。

『ど・ど・どーする!? この姿勢!!』

電車の床にしがみついてるけど、自力での立て直しはかなりキツイ…
そう思った瞬間、後ろからどなたかが私の腕を引っ張って、電車の中に引き上げてくれました。


あ~助かった。



でもね、靴が線路の上に落ちちゃったのです。

片足裸足で立っている私に、そばにいた年配の女性が「あなた、靴は?」と声をかけてくれました。

   「落ちちゃったんです…でもいいです。拾えないし

   「あら…でもお時間があったらこの電車を降りて、駅員さんに拾ってもらったら?」

   「あっ!そうですね!そうします!」

あわてていたのか、線路に落としたものは駅員さんが拾ってくれるということがすっかり頭から抜け落ちていました。
それで電車から降りて駅員さんに長いマジックハンドで靴を拾っていただき、何事もなかったような顔をして次の電車に乗ったのでした。



それにしても、電車とホームの間があんなに離れているとは思いませんでした。
リアルな私を知っている方も驚くでしょう。
「え?あまおうさん、落ちた??? そんなに間が広かったっけ?」

えぇ、えぇ、見た目よりも広かったのですよ。
電車とホームの間って、私たちが日頃考えているよりもずっと広いのですよ。
参考のために覚えていてね。


私もね、駅のホームで落ちたときには、ふくらはぎか膝あたりで止まると思いこんでいました。
でもそれでは大きなすり傷か、倒れ方によっては骨折していましたね。
血が流れたり救急車で運ばれたりしなくて済んだのは、考えようによっては大きなラッキーでした。


電車とホームが離れているから落ちたのだけど、離れていたからすり傷もなくてすみました。
良いことと悪いことは裏表のようにつながっている…そんな実感がふつふつと湧いてきた、とろんと暖かい夕方でした。









関連記事

Comment

 

こんにちは
ぅわ~びっくりさせないで下さい!
ご無事で良かった~
靴も戻って良かった~
それぞれのホームによっては電車との
間が広いところもありますものね
今度からは良く足元を見てくださいね



  • posted by ううたん 
  • URL 
  • 2011.05/18 07:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

え゛~っ
大けがにならなくてよかったけど

不自然な体勢だったのでしょうから、
気をつけてくださいね

筋肉痛とか、打ち身とか、傷とかも。。。

  • posted by ひめ 
  • URL 
  • 2011.05/18 10:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

びっくりしました(汗) 

久しぶりにあまおうさんのところに
お邪魔したら冷や汗が出そうな記事でびっくり!!

それにしても大事に至らなくてよかったです。
こ~んなにも大変なことをサラッと記事にしちゃう
あまおうさんにもびっくりしました。

  • posted by ekomama 
  • URL 
  • 2011.05/18 12:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

ギョとしてホットしました 

タイトルを見て、ドキッ(なになに)
読み始めて、ドキドキッ(足は・・どうなったの~)
心臓をバクバクさせながら読みました(恐かったです)
とにかくご無事で何よりでした。
前の方に続いての乗車だと、前があまり見えないですものね~
それから、新しい靴も無事に戻ってきて良かったですね。
  • posted by odamipu 
  • URL 
  • 2011.05/18 14:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

ううたんさまへ 

こんばんは。
ご心配をおかけしました。

私も本当にビックリしました。
電車とホームの間って、普段は意識していないけど間があいているのですね。
しかもこんなに広いとは・・・

怪我もなくて、靴も戻って本当に良かったです。

今度は絶対に足元から目を離さないことにします!

  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2011.05/18 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

ひめさんへ 

はい~。
ご心配をおかけしました。

すり傷で血だらけになったなどという話も聞きますので、何もなくて本当に良かったです。
でも、どうも脛をどこかにぶつけたらしくて、今日もちょっと痛いです。
筋肉痛もそろそろ出てきました。

思ったよりも電車とホームの間って広いのですね。
とくに山手線は曲がっているせいか広い場所が多いらしいですね。
私が落ちたホームも、ずいぶん広かったのです。

今度乗るときは絶対に足元から目を離さないようにします。

もう、さんざんなお出かけでした~。
  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2011.05/18 23:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

ekomamaさんへ 

ご心配をおかけしました~。
あまりにもハズカシイので、twitterの方へは投稿しませんでした。
恥ずかしいのなら書くな!とも思いますが…誰かに聞いてもらいたかったので。
ハズカシイ、でも言いたい…というビミョーな乙女心!?(^_^;)

電車とホームの間に落ちるのは携帯や定期券などだとばかり思っていましたが、まさか自分の足が落ちるとは~。
世の中、思いがけないことが起こるものです。
私が言うのもなんですが、お互いに気をつけましょうね!

  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2011.05/18 23:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

odamipuさんへ 

あぁ、本当にご心配かけました。

書こうか書くまいかと2日ばかり迷ったのですが、誰かに聞いてもらいたくて書いてしまいました。
めったにない(あったら困る)貴重な体験でした。

電車とホームの間って、今まで気にしたことはなかったけれど、けっこう離れているのですね。
私は片足だったけど、何かのはずみで両足でダイブすることになったら、すぽっと入ってしまったかもしれません。
恐ろしや~。

これからは気をつけて足元をしっかり見て乗ります。
こんな私が言うのもなんですが、お互いに気をつけましょうね。

  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2011.05/18 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ひ・・ひゃ~~(”ロ”;)v-356
なーーんて怖い経験をされたのでしょう!
片足がつるっ で、ホームと電車の間に挟まっちゃうなんて びっくりですね 
それにしても 動きだしだ電車じゃなくてよかったですね
あまおうさん 文章上手だから 読み進むうちにドキドキしてしまいましたよ
ご無事でよかった
ベージュのパンツは大丈夫だった?
きっと黒く汚れちゃったんじゃないですか?

良いことと悪いことは表裏一体
そうよ 今回の一件であまおうさんは まだまだスリムって実証できたんですもの
私ならきっと膝で止まってるわ^^
  • posted by 蛍 
  • URL 
  • 2011.05/19 11:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あまおうさん、こんにちは。

タイトルを見てその後電車の話題になったので、「電車の中で寝ちゃったのかな?」なんて思い読み進めて「えーーー!」と驚きました。

文章のお上手なあまおうさんのリアルな描写がより一層生々しく、片足だけで済んでつくづく良かったですね。

昔、会社の同僚の男性が、お腹を壊して慌てて電車から降りようとしたら両足ごとすっぽり電車とホームの間に落ちてしまったと・・・。
そしてそのまま壊したお腹も落ちてしまい、引き上げて欲しいやら欲しく無いやら・・・という話を思い出しました^^;

大きな怪我が無く、本当に良かったですね。
ところで靴はご無事だったのでしょうか・・・?
  • posted by tyobimama 
  • URL 
  • 2011.05/19 14:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

蛍さんへ 

そうなんですよ~。
ひゃ~!という経験でした。
いつもご心配をおかけします…(^_^;)

> あまおうさん 文章上手だから 読み進むうちにドキドキしてしまいましたよ

そうですか~?ドキドキした?ありがとうございます(^^ゞ
え?喜んでる場合じゃない?

> ベージュのパンツは大丈夫だった?
> きっと黒く汚れちゃったんじゃないですか?

それがね~。
このパンツもデパートで買ったばかりの「デキる女風ストレッチパンツ」だったの(ただしバーゲン)。
黒く汚れたけど、手で払ったらきれいに汚れが落ちました。
さすが…元値が高いものは手入れが楽だ…と新たな発見でした。
たとえ半額でも…

> 良いことと悪いことは表裏一体
> そうよ 今回の一件であまおうさんは まだまだスリムって実証できたんですもの
> 私ならきっと膝で止まってるわ^^

なるほどっ!蛍さんありがと~。
蛍さんだってきっとスポッとはまったはず。
膝で止まったりしたら、きっとすり傷で血だらけですよ~。コワコワ。

  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2011.05/19 21:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

tyobimamaさんへ 

tyobimamaさん、こんばんは。

タイトルはどうしようかと迷ったのですよ。
「落下する夕方」という言葉が頭に浮かんだけど、読んだことない小説と同じタイトルはまずいだろうと思って「落ちる…」にしました。
わかるようなわからないようなところが面白いかなとおもって。
本当にわかるようなわからないような展開になりましたね。

…でもtyobimamaさんの同僚の方、何とも言えずお気の毒~。
そういう状況にならなくて本当に良かったと強く強く思います。
そんなになったら何を着てどうやって帰ったらいいのやら~。
このブログも一段と衝撃的な内容だったことでしょう…あ、そんな風になったら正直には書かないかもですね。
一応、恥じらいというものがありますので(^_^;)

靴ね~、駅員さんが手慣れた様子で壁の扉をさっと開けて、中から長いマジックハンドを取り出して拾ってくれました。
靴も無傷で、すぐに履いて何食わぬ顔をして電車に乗ることができました。
拾ってもらう時、「ぼろぼろの汚い靴じゃなくてよかった~」と心の中で思いました(^^ゞ


  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2011.05/19 21:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あまおうさんも落ちちゃったんですね。
私も若いころ脇まで入っちゃったことあります。
案外あいてますよね。ほんとすぽっといっちゃいますよね。しかもそうそう自分では上がれないですよ。ラッシュ時だと危ないですよね。
でもね、私はとっても思うんですけど、東京の人ってすごく優しいですよね。知らない他人にとっても優しいって思います
  • posted by まなみ 
  • URL 
  • 2011.05/19 21:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あまおうさん こんばんは。

いや~~ 
かすり傷ひとt。。。イエ・・・
お怪我がなくて何よりでした!!!
一歩間違えば、命にかかわる事態でしたよ。

ほんとに、あまおうさんの文才には、いつもながら感心させられます。
お会いしたことすらないですけど、その光景がまるで映像のように
私の頭の中に浮かんできました。

慌てて改札を通過&定期を出す を同時にやってしまったら
バッグの中身 ほぼすべてを床に散らかしてしまった苦い思い出が・・・
”お手伝いしましょうか”って言ってくださった駅員さんに
”大丈夫です”と言って、それでも予定の電車に間に合った若かりし頃。。。
人生いろんなことありますね。

拾っていただいた靴を元通り履き、電車に乗って帰路につくあまおうさん。
まるで、何ごともなかったように穏やかに春の日は暮れていったのでしょうね。。。



  • posted by パステル 
  • URL 
  • 2011.05/19 22:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは。

大丈夫だったのですね(@_@;)
それにしても、ビックリです。

でも、よく考えると、言われているように、
中途半端な隙間だったら、もっと違っていたかも。
靴も戻ってきたし、怪我もなかったし、
考えようによっては、ラッキーだったのですね。

電車に乗るときも気をつけなくっちゃ。
  • posted by ケロ 
  • URL 
  • 2011.05/19 23:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

まなみさんへ 

そうなんです。
まなみさんの記事を読んだ時には「こんなこともあるんだ~」と驚いたのですが、まさか自分が落ちるとは・・・
しかも片足だけでも、本当に自力では上がれませんね。
脇まで落ちたらもう助けてもらうしかないです。

ラッシュだと本当に危ないです。
ほどほどの人出だった休日の夕方でよかったです。

そう、みんな親切ですよね。
いつもは話すことなどないけれど、こういう場合にはきちんと助けてくれるのです。
ありがたいですね。

「都会」という言葉には殺伐としたイメージがかぶさりますが、人の心は都会にあっても豊かで優しいです。
終戦直後の焼け跡闇市の時代にはどうだったのかなと考えました。
社会が豊かだから、人の心も温かくいられるのでしょうか。

ところでトラバ、ありがとうございます。
相互にはることができると初めて気がつきました。
なんとうかつだったことでしょう。
早速前回のトラバもお返事させていただきました。
  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2011.05/20 22:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

パステルさんへ 

パステルさん、こんばんは。

状況がわかっていただけましたか。
うれしいお言葉ありがとうございます。

ほ~んとに驚きましたよ。

バッグの中身をほとんど全部床に散らかして一人で片づける…それも大変な思い出ですね。
思わず「大丈夫です」と言ってしまって黙々と拾い集める。
『あぁ~やっぱり手伝ってもらえばよかったe-263』と私なら考えそうです。

人生、いつまでたっても波瀾万丈ですね。
穏やかな老後…なんて本当にやってくるのでしょうか。
穏やかそうに見えるだけで、きっといつまでたっても人生と格闘しているような気がします。

  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2011.05/20 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

ケロさんへ 

こんばんは、ケロさん。

> 電車に乗るときも気をつけなくっちゃ。

そうです。
通勤しているケロさんは特にお気を付けください。
そして、線路とホームの間にはまった人を見かけたら、ぜひ助けてあげてください(^^ゞ

本当に割と広めのすきまでよかったと思います。
これからきちんと足元を見て乗車します。

ところで、あの電車はかなり長い間止まっていたような気がするのですが…
あの後「人身事故で遅れが出ています」などと車内アナウンスが入ったのでしょうか。
そんなことがあったら非常に恥ずかしいなぁと、今になって思っています(^^ゞ
  • posted by あまおう 
  • URL 
  • 2011.05/20 22:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第1180回「一人で転んでしまった時の対処法」

第1180回「一人で転んでしまった時の対処法」 私はよくころびます。目が悪いのと足腰がへなへななのと、運動神経が馬鹿なのとでひたすら何もない平面で転ぶのです。 私は昔電車に乗る時よそ見をしてい...

ご案内

プロフィール

あまおう

Author:あまおう
本を読んだり、料理をしたり、テレビを見たり・・・同じようでもどこか違う毎日を一緒に楽しく過ごしましょう!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最新記事

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。