木陰で本を読みながら

主婦的生活の切れ端を集めた雑記帳です。

Archive [2013年10月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

馬車が通る道

私が小学校に上がる前のこと、北海道の田舎町ではまだ馬車がありました。馬車と言っても、シンデレラがお城の舞踏会へ行くような4頭立ての美しい馬車ではなく。ローラ・インガルスの一家が家財道具を積み込んでアメリカの大草原を移動するような幌馬車でもなく。「この道はいつか来た道 ああそうだよ お母様と馬車で行ったよ」という上品な景色でもなく。近所を歩いていたのは(走っていたとは言い難い)ずんぐりした馬がのんび...

何でも持ち帰る

思い返してみると、私は小学生のころから学校に物を置いてくるのはとてもイヤでした。絵の具セット、お習字セット、リコーダー、辞書類・・・とにかく何でも持ち帰る。何があっても持ち帰る。置いて帰るのは座布団と上履きくらいだったかな。高校になると、さすがに美術の道具やスケッチブックは置いて帰ったような気がするけれど、英和辞典(研究社の重い中辞典)は必ず持ち帰ったし、国語辞典や漢和辞典(これらはちょっとハンデ...

「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」と「春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)」

先日、国立劇場へ行ってきました。10月歌舞伎公演の「一谷嫩軍記」「春興鏡獅子」を見るためです。「一谷嫩軍記」の舞台は平家が源氏に大敗した一ノ谷の合戦。源氏の熊谷次郎直実は源義経の命を受け、後白河法皇の落胤である平敦盛の命を救うべく味方を欺き、自分の息子小次郎を身代わりとして討ち取り、敦盛を逃がすのでした。高校の古文で習った平家物語「敦盛の最期」とはずいぶん違いますね。あちらは自分の息子と同じくらいの...

ご案内

プロフィール

あまおう

Author:あまおう
本を読んだり、料理をしたり、テレビを見たり・・・同じようでもどこか違う毎日を一緒に楽しく過ごしましょう!

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新記事

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。