木陰で本を読みながら

主婦的生活の切れ端を集めた雑記帳です。

Category [思い出 ] 記事一覧

スポンサーサイト

馬車が通る道

私が小学校に上がる前のこと、北海道の田舎町ではまだ馬車がありました。馬車と言っても、シンデレラがお城の舞踏会へ行くような4頭立ての美しい馬車ではなく。ローラ・インガルスの一家が家財道具を積み込んでアメリカの大草原を移動するような幌馬車でもなく。「この道はいつか来た道 ああそうだよ お母様と馬車で行ったよ」という上品な景色でもなく。近所を歩いていたのは(走っていたとは言い難い)ずんぐりした馬がのんび...

何でも持ち帰る

思い返してみると、私は小学生のころから学校に物を置いてくるのはとてもイヤでした。絵の具セット、お習字セット、リコーダー、辞書類・・・とにかく何でも持ち帰る。何があっても持ち帰る。置いて帰るのは座布団と上履きくらいだったかな。高校になると、さすがに美術の道具やスケッチブックは置いて帰ったような気がするけれど、英和辞典(研究社の重い中辞典)は必ず持ち帰ったし、国語辞典や漢和辞典(これらはちょっとハンデ...

私の札(ふだ)

お正月と言えば思い出すものはいくつかありますね。年賀状もそうだし、小さいころはすごろく、羽子板。弟がいたので凧揚げ、コマ回しも我が家のお正月の定番でした。羽子板では必ず遊びましたね。コーン、コーンといい音がして、あの黒い豆の付いたカラフルな羽根を打ち合います。あの羽根がくるくると回って宙を舞うのはきれいでしたね。うちの子たちはこんな遊びをしたことがありません。もっと小さいうちに経験させておけばよか...

シャコバサボテンを買いました

昨日、シャコバサボテンを買ってきました。駅前のお花屋さんで、2鉢800円という破格のお値段。何を隠そう、サボテン類は大好きです。数年前にポットに入った小さなクジャクサボテンを2つ買いました。ちょっと徒長気味でびろーんと伸びていますが、そろそろ花をつけてもいいくらいの成長ぶりです。こちらは咲いたらご報告しましょう。私が結婚したばかりのころ、義母がこのシャコバサボテンを大鉢に仕立てていました。ピンクと...

5分前の女

「私、5分前の女なの。」まだ20代の初めのころ、同じ職場の友人が言いました。「待ち合わせの時は必ず5分前に行くの。」そういう意味で言ったのでした。それを聞く私は「ジャストタイムの女」。きっちり時間通りに行きたいのです。そしてもう一人の友人は「5分遅れの女」です。待ち合わせは常に5分遅れ。昭和50年代で携帯のない時代に、10分、15分遅れもザラな彼女。「ジャストタイムの女」である私は、彼女と待ち合わせするときは...

豆腐の思い出・・・

豆腐の思い出はいっぱいあります。…でも食べる「豆腐」ではありません。だったら何?私の思い出の中の「豆腐」は、遊びの中の「とうふ」です。昔は入学前の子や小学生たちが公園で一緒になって遊びました。手つなぎ鬼や缶けり、花一もんめ、ゴムとび、いろはにほへと、十字架鬼などなど…その中で、学齢前の小さい子たちは「とうふ」と呼ばれ、仲間に入れてもらうけど、捕まっても鬼にはならない、ゴムが引っかかってもゴムを持つ役...

スキー遠足のこと

北海道ではもう雪が降ったとニュースが伝えています。今年は冬が早いようですね。昨日は小学生のころのお話をしました。もう一つ、小学校のお話です。私が小学校4年まで住んでいた北海道の中央に近い町は、とても寒い豪雪地帯にありました。そこでね、冬になると「スキー遠足」という行事があるのですよ。「スキー遠足」とは何か?それはね、当たり前だけど、スキーを持って行く遠足なのです。当たり前ではないのは、その遠足は「...

ユリの思い出

もう何度も書いていると思いますが、私は生まれも育ちも北海道です。北海道というと何を思い浮かべますか?大自然?野生動物?雪?…いろいろありますが、野生の花もとてもきれいです。北海道の春は5月を過ぎて一度にやってきます。梅も桜も一緒に咲きます。6月には梅雨がないのでチューリップが満開になります。毎年6月5日の私の誕生日には、母が庭のチューリップをたくさん切って花瓶いっぱいに入れて飾ってくれました。小学校低...

クリスマスのプレゼントは・・・

子どもが小さい頃はクリスマスのプレゼントを用意しましたね。本当に小さい頃はいいのですが、小学校も半分過ぎる頃にはだんだん大変になってきます。何が大変かって、欲しい物が高額になってくるし、「すぐ飽きる」「くだらない」「似たものをもってる」など大人の価値観ではどうも買い与えたくない物だったりするのですよね。我が家に語り伝えられる「買ってはみたけどトホホ」プレゼントは下記の通りです。「紙すきハガキつくり...

盆踊りはお好き?

盆踊り・・・それは日本人の記憶に深く植えつけられたダンス。日本各地に様々な盆踊り曲があり、夏の暑さと草いきれとホコリの匂いと共に心の底に蘇ってくる。皆さんも自分だけにしっかりと焼きついている盆踊りがあるのではないでしょうか?さて、私の心の盆踊りを上げてみましょう。まずは子どもの頃はこれでもか~というくらい踊った「とまこまい踊り」。いきなりマイナーですね。もちろん苫小牧市限定で、小学校の運動会、市民お...

ご案内

プロフィール

あまおう

Author:あまおう
本を読んだり、料理をしたり、テレビを見たり・・・同じようでもどこか違う毎日を一緒に楽しく過ごしましょう!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新記事

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。